高知高齢協の朝倉地域福祉事業所(しばてんハウス朝倉)の開所式が5月8日に行われました。9日の中四国九州のブロック会議に参加する福岡の稲月専務や香川・岡山からも参加があり、約70人の方々が集まっての式典でした。

 z-sibaten1-300x223.jpg介護保険事業としてはデイサービスをやることにしており、予定通りであれば5月末からの事業開始となります。同時に、朝倉支部の事務所の発会式でもあります。部屋の半分は地域の集いの場として利用できるスペースを確保しています。6階建てのマンションで2階から上が居住区です。現在数部屋が空いており、サービス付き高齢者住宅としての改装も検討しています。建物のオーナーは勇工務店の社長で、改装も同時にやって頂きました。この日は来賓として挨拶を頂きました。どんな開所式なのか半信半疑だったようで、15分前に曽我専務に「ほんとにやるのか?」という問い合わせがあったそうです。開所式のセレモニーの中で、ようやく組織に合点がいったようで、高齢協に加入されました。

 e9ab98e79fa5e9968be68980e5bc8fef-1-1-1-1-1-1-l開所式の準備で座布団が敷かれています。内部は、40坪ぐらいの広さです。店舗として利用ができるように天井は高く作られています。床はヒノキが使われ、木の香りに溢れていました。床暖房も入っています。]